最新の投稿
紫の白のカプセル

更年期障害閉経前後の女性が起こることが多く、様々な症状が出るのが特徴です。女性ホルモンの乱れが関係していることから女性だけに多い症状のように感じますが、実際には男性にも男性の更年期というものがありますし、何歳から起こるかということもわかりません。症状の出方には個人差があり、まったく悩まない人もいれば鬱のような状態になる人もいて、婦人科を受診しないと改善しない場合もあります。更年期の前に更年期障害について理解をしておくと症状の軽減にもなります。

女性の更年期障害は何歳からと言われているのか

女性には、中学生から高校生ぐらいまでの思春期、20代から30代後半にかけての成熟期、そして閉経をする前後10年ほどを更年期、更年期が終わると高齢期というようにライフステージがあります。このライフステージの中で、最も体や心に変化を生じやすいのが更年期です。

更年期が何歳から始まるかは個人差があります。生理周期が乱れるのは卵巣の衰えも大いに関係があるのですが、女性はデリケートであり、ストレスがたまったり環境に変化が生じたりするととたんに生理周期も変わってきます。ですが、生理周期が短くなったり逆に長くなったりすることが多くなってきたら更年期に差し掛かったといえます。女性の場合閉経するのが50歳以上と言われているため、前後5年を更年期と呼ぶようになっています。

更年期障害が出始めるのは平均するとだいたい45歳からです。このころになると卵巣の機能が低下し、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が少なくなるため脳と体がアンバランスになり、さまざまな症状を引き起こしてしまうためです。

一概に閉経と言っても定義があり、最後の月経から1年以上月経がない場合に閉経をした、と言えます。個人差はあるものの、正常な月経周期が少しずつ乱れ始め、短くなり、一部排卵しなくなってそのうちに2か月か3か月に1度、月経が起こるようになります。間が空くほど閉経に近づいているのですが、この期間に体はなんとか月経を起こそうとするので、アンバランスになり様々な不快な症状を起こしてしまうのです。

更年期障害は年齢的なことが大きく関係していますが、中には30代でも月経が来なくなり閉経を迎えてしまったり更年期障害が起きたりしてしまう人もいます。そのため一概に何歳から起こるのか、ということは言えなくなってきているのが現状です。

45歳をすぎて何となく体が重い、やる気が出ないといった頻度が多くなり始めたら、更年期に差し掛かっている可能性があります。そして月経は来ていても無排卵のこともあり、きちんと卵巣が機能していない場合も多いです。この時期になったらそろそろかもしれないと心づもりをしておくと、いざ症状が出たときに慌てなくて済みますので、自分の体と対話することが大切になってきます。

更年期障害の症状が気になりだしたら専門医へ

更年期障害の症状には精神神経系や血管運動神経系、皮膚や分泌系、生殖系など大きく分けて6つほどあります。女性が感じることが多いのは、のぼせやほてり、冷えといった血管運動神経系のものや、めまい、抑うつ状態といった精神神経系であり、のぼせが起こる頻度が高くなることが多いです。

更年期障害の場合、月経前症候群と症状が似ており、初期の段階ではどちらの症状なのかわからないことがあります。月経前症候群の場合は月経が終わることに改善していることが多いのですが、更年期障害の場合は月経が終わってもなかなか改善されず、長引いている感じがします。どちらかわからない場合は,月経の後どのように体調は変化をしていったのかを記録として残しておくと良いでしょう。

ですが、これらの不調は自分で判断することはできず、しかもストレスにも影響されることなので正確に更年期障害かどうかはわかりません。ですので、なんとなくだるい、頭痛や肩こりが頻繁に起こるといったことが起きている場合は専門医がいる婦人科を受診すると良いでしょう。専門医がいる婦人科では子宮や卵巣のチェックをしてくれますし、場合によってはホルモンの検査をしてくれます。

ホルモンの検査ではどのくらいエストロゲンが分泌されるのかがわかるので、すぐに更年期がきているかどうかということがわかります。更年期は個人差があり、その苦しみはほかの人にはわからない部分も多いです。そのままにしていても改善はしないので、気になることがあれば受診をして適切な治療を受けたほうが、更年期障害もひどくならずに済みます。

今までの生活よりも3割ほど調子が悪く、そしてその状態が3か月以上続く場合は一度受診をしたほうが良いです。受診をする場合は月経周期を伝えるのはもちろんですが、どういったことが起きたときに症状が出やすくなったのか、ということも記録しておき、受診の際に伝えるとより具体的な治療を開始することができます。

個人によっては受診が面倒だったりする場合もあり、まずは通販サイトなどで更年期障害の症状改善や治療を詳しく説明しており、それらを確認してみるのも良いでしょう。特にプレマリンという治療薬は人気もあり、サイト内でプレマリンの効果をチェックしてみるのが良いでしょう。

更年期障害は人に理解してもらうのが難しいことが多いですが、どのようなことが辛いのかということを伝えるだけでも気持ちは楽になっていきます。いつかは終わるから我慢しようというのではなく、積極的に治療を行うようにしましょう。